きょうも青い空が見たいから

アクセスカウンタ

zoom RSS 一日一詩から

<<   作成日時 : 2011/05/04 21:30   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 詩の体裁をなしていなかったりしてますが、その中からいくつかを。一ヶ月ぶりなので、少し多めに載せようと思います。

 よろしければ 「一日一詩」 もご覧いただけると幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「いない」

いない
いなくなってしまったんだね
ほんとうに
この日がくるとは思っていたけれど
どこかで嘘になれとも思っていた
少しさみしいよ
どうしていなくなってしまったのか
そんなことばかり考えてしまう
考えたってどうにもならないのに
人は不思議な生き物だなと
こんなときは認めてしまう
それにしても
別れるための時間は
どうしてこうもあっさりと過ぎていってしまうのだろう
出会って仲がよくなるまでは
あんなに時間をかけなければいけないのに

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「実はね」

おもちゃが買ってもらえない
えーん えーん
お菓子をたくさん食べさせてくれない
えーん えーん

大人はいいよなあ
そうやって子供には何もさせてくれないのに
自分たちばっかり好きなことしてさ
二言めには
おとなはいいの
だって
あきれちゃうよ

でもね
実は
大人も泣いているんだよ
静かに泣いているんだよ

仕事で大失敗をしてしまった
えーん えーん
また今月も苦しくて
えーん えーん

子供はいいよね
気楽でさ
なんてね
大人はそう言ってしまうものだ
だけど
懸命さは変わらないよ
みんながんばっているんだ
大人も 子供も

泣くことだってあるさ
つらいことは
大人にも子供にもやってくる
それでいいんだ
そんなときは
えーん えーん
泣いちゃっていいんだ
涙で洗い流すって言うけれど
本当なんだよ

遠慮しないで
涙で心を洗ったら
またがんばればいいんだ

そう
大人も 子供も ね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「育つ」

ひとりでは
育たない

数多くの手を経て
あなたは育つ

あまたの考えに触れ
あなたは育っていく

ひとりで
大きくなるのではない

それは
わたしも

草木も動物も
ひとりでに育つのではない

あらゆる存在によって
育ってきたのだ

万物のつながりが
万物を育ててきた

そして「あい」という見えないものまでが
育ちを支えていく

見えるもの見えないものが
育ちという結晶を育む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「折り鶴」

願いを込めて
鶴を折る
なにげない日常に
色をつけて

誰かに届けと
鶴を折る
いつか羽ばたく
その日を夢みて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「旅」

旅に出ようと思った
できる限り遠くへ
自分をそこに置いて帰るつもりで
捨てるのではなく置いて帰るつもりで
逃げるための旅じゃなく一つの自分を脱ぐための旅として
それにしても
旅から帰ってくるというのがこんなに寂しいというのは
なぜなんだろうか
リセットできない世界に苛立つ気持ちにどこか似ている
あるいは
一つの自分を置いてしまうことへの抵抗感なのかもしれない
今度は
帰らない旅に出ようと思った

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「見えない存在」

ときおり犬が何か分からないものに向かって吠え立てるのを黙って見ていた
そこには人の目や耳には入らぬものがあるという
犬には分かるものが何であるのかが気になっていたが
よくよく考えてみると目には見えないが存在するものがあるではないか
それに吠え立てているわけだ
ならば私もいっしょに吠えてやろうと思った
周りからはおかしいと思われるが構わないと思った
そうでもなきゃ見えていない人に知らせることもできない
見えるものだけが全てじゃないってこのことだったんだと気づいた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「シャボン玉」

わだかまりをたたえたシャボン玉が
目の前ではじけて目にしみた
理屈で理解しようと分子構造を思い浮かべていたけれど
はじけたシャボン玉はそれを許さなかった
思いを乗せてなお漂い続けるシャボン玉は
割れるそのときを確信しながら空中散歩を楽しんでいるようにさえ
ぼくはその余裕の姿に戸惑いを隠せない
表面に膨張して映る虹がせつなくさせる
空を泳いでいくシャボン玉
ぼくもいつかあんなふうに飛べるだろうか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「飴と塩」

平穏の飴を舐め続けて
甘味に浸るという幸せ
これも一つの生き方だ
なのにそれを吐き出し
変革という塩の効いた
口を窄めてしまう程の
その味を求めてしまう
なんてバカなんだろう
大人しくなれない大人
煙たがられる生き方を
掴み取ってしまうとは

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 きょうもここまで読んでくださって、ありがとうございます。

 よろしければ 「一日一詩」 もご覧いただけると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

いつも素敵な詩をありがとうございます。
最初の「いない」は今の自分の心境にぴったりなので思わずじーんと心に沁みました
ゆめ
URL
2011/05/05 14:37
 ゆめさん、こんにちは!

 いつも読んでくださって、ありがとうございます。

 別れる時ってさっと過ぎるのに、出会ってからそれまでの時間は長いように感じる。なんだか理不尽な気もしますね。
でじょだーじょ
2011/05/06 20:50
ご無沙汰してます。
GWは、いかがでしたか?
ゆっくりと休めたでしょうか。。
私は、ずっと仕事してました。

どれも、いい詩ですね!
無理せずに落ち着ける時間を大切にして下さい♪
nao.nao
URL
2011/05/07 18:13
 nao.naoさん、こんにちは!

 GWは一日休んだだけで、あとは仕事でした(^^;)

 nao.naoさんもお仕事お疲れ様です。ありがとうございます。
でじょだーじょ
2011/05/17 10:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
一日一詩から きょうも青い空が見たいから/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる