少しばかりの読書

 気持ちが乗らないと書きましたが、相変わらず波がないというか、感情が平坦な(言葉が適当かわかりませんが)感じがしています。

 さて、そんな中、なにか気分転換と思い、久々に詩集を読んだりしています。小説も読みますが、詩の方が好きでお粗末ながら自分で書いたりもします。以前作っていたサイトではその詩を掲示していました。また、気持ちが乗ってきたら、詩を公開してみようかなとは思っています。

 昨日と今日で読んでいるのは
・石垣りん 詩集「略歴」(童話屋、2000円)
・柳澤桂子 「生きて死ぬ智慧」(小学館、1200円)
 の二冊です。

 石垣りんさんの詩集は、言葉の感じこそやわらかいものの、表現はさらりと深く、そして現象をえぐるような感じを受けます。

 柳澤桂子さんの本は、般若心経を「心訳」したもので、池田晶子(故人、哲学者)さんの思考と同じ感じのことが書かれている本です。

 久しぶりに手に取りましたが、どちらも、自分の心が気持ちのいい思考のシャワーを浴びたなあ、と思いました。興味のある方は、読んでみられてはいかがですか?

略歴―石垣りん詩集

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック