最近の読書

 退院後のひと月で、だいたいこんな本を読んでいました。

「無理しない」葉祥明 日本標準 1200円+税
「受け容れる」古賀重四郎 ぜんにち出版 1000円+税
「うつ病記」はやしたけはる メディカルレビュー社 1000円+税
「うつと不安の認知療法練習帳」 デニス・グリーンバーガー他 創元社 1800円+税
「心霊探偵八雲シリーズ」(外伝を含む8巻) 神永学 文芸社

 久々に、本を結構読めたので、なんだか気分がいいです。

「無理しない」と「受け容れる」は詩集です。読むと気分が楽になる気がします。
うつ関係は、自分の病気と関係があるので読みました。
「心霊探偵八雲」は入院中に面白いよと勧められて少し読んでいたのですが、はまって全巻揃えました。

 きょうもここまで読んでくださって、ありがとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まっちゃ
2008年09月02日 14:41
こんにちは。

「うつ病記」読んでくださってありがとうございます!

私も、でじょだーじょさんがピックアップされた本を読んでみたいと思います。

病気を受け入れるって大変やったと思います…。

でも、あきらめない。人生はどう転んでもまだまだこれから先が長いですものね。

病気を落ち着かせるべく、焦らずに一歩一歩…でじょだーじょさんのペースで歩んでいってほしい、と願う次第です。
でじょだーじょ
2008年09月03日 13:23
 まっちゃさん、こんにちは。

 「うつ病記」はとても読みやすかったし、社会復帰の勉強にもなったし、なにより共感しました。やっぱり苦しいときはみんなこうなんだよな、と。

 人生の一部分がいま、ちょっとお休み期間になってしまっていますが、私もあきらめず、治療を中心に立て直しをはかろうと思います。

 いつもコメントありがとうございます!

この記事へのトラックバック