久々に読書

 大学時代の友人から、久しぶりにメールが来ました。それには、最近シェイクスピアにはまっていて、読みまくっているとのこと。ちなみに、私は読んだことはありません。

 それに感化されたのもあり、久々に出てきた本を再度読んでいました。村上春樹の「風の歌を聴け」です。これはおそらく私が大学時代に買ったものです。同じ頃に、やはり村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を買ったのに続いて買った記憶があります。

 シェイクスピアを読んだことがないことを返信に書くと、彼はわざわざ集めた本を貸してくれると言ってくれました。ちなみに彼は現在愛知県在住です。宅配便で送ってくれるという丁寧さです。驚きました。

 ということで、それが着き次第、私はシェイクスピア漬けになるかもしれません。

 ちなみに「風の歌を聴け」を久々に読んで、内容をまったく覚えていなかったばかりか、初めて読むような気分でした。読後感は、なんというか、優しくも詩的な感じのする小説でした。「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」もまた読んでみたくなりました。内容は…やはり覚えていません。

 きょうもここまで読んでくださって、ありがとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まっちゃ
2008年11月27日 22:44
こんにちは(^-^)

読書は想像力や視野が広がるみたいでいいみたいですよ。

シェークスピアの本が届くのが楽しみですね。

前記事の主治医さん、いいことおっしゃいますね。

でじょだーじょ
2008年11月28日 18:10
 まっちゃさん、こんにちは。

 読書は、結構調子のいい時しかできないので、ぼちぼちやってます。想像力と視野が広がるんですね~。

 私の主治医には、ずいぶんと助けられています。入院中から「あの先生はベテランだから安心してていいよ」と看護士さんには言われていたのですが、どうやら本当にいい先生にあたったみたいです。ただ、転勤されると困るんですけどね。総合病院なので、医師は意外と変わりますからね。

この記事へのトラックバック