毎年この日は

 阪神・淡路大震災を思い出す日です。当時、私は兵庫県の姫路市に住んでいました。早朝だし、寝ていたので揺れはかなり強く感じました。部屋の本棚が倒れ、物がいろいろと落ちてきたのを覚えています。住んでいた建物もひびこそ入りましたが、倒壊はしませんでした。

 当時の神戸の友人、知り合いは全員無事でしたが、あの惨事はまったく他人事ではなく、いまでも記憶に焼きついています。

 ゴーッという下からの轟音で目覚めたと思いきや、経験したことのない縦ゆれが激しくきて、そして横揺れになりました。寝ていたので、布団をかぶってじっとしているのが精一杯でした。縦ゆれというのは、かなりの衝撃があります。横揺れというのは経験したことがありましたが、突き上げるような、痛みを伴うような感じさえするあのゆれの恐怖感は「いったいどうなっているんだ」ということしか頭で考えられなくなるものでした。

 あらためて、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

 きょうもここまで読んでくださって、ありがとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

rebirth
2009年01月18日 07:52
ご無沙汰しています。
先日は訪問ありがとうございました。
今日は一時的に復活したので
訪問しました。

被害に遭われたのですね…。

私の叔母たちも大阪に住んでいたので
心配したのですが、幸い最小限の被害で
済みました。あれから14年も経つのですね。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。
まっちゃ
2009年01月18日 10:17
こんにちは。

姫路でも大変だっただろうと思います。

鉄道がストップだったり、ライフラインが止まったりとかで京阪神の方たちはかなりご苦労をされただろうと思うんです。

私は大阪であまり被害はありませんでしたけど、

当時のニュースとか生々しくて記憶に残ってますね…。

なくなられた方たちのご冥福をお祈りするばかりです。
どら子
2009年01月18日 19:22
でじょだーじょさん

こんばんは~(__)ペコリ

当時
一番被害のひどい地域には友人・知人が
おりませんでしたが…

後に
神戸出身の友人が出来まして…その時と後の様子を聞く事が出来ました

あまりに多くの
犠牲になられた方々と

ライフラインを断たれた生活の大変さ

政府の対応にも
大きな怒りを感じますが

ボランティアで
がんばられた方々も大変多かったですね

天災

この前に
人の弱さをあらためて
考えさせられますね

被害に遭われた方々の
ご冥福をお祈り致します
(合掌)


でじょだーじょ
2009年01月20日 10:20
 rebirthさん、こんにちは! ご訪問ありがとうございます。

 私の被害は軽微でしたから、よかったのですが、あまり体験したくはないできごとでした。

 後の余震もかなり続いたので、大変だった覚えがあります。神戸にいた知人も、玄関のドアがねじ曲がってしまって開かなくなり、外に出られなくなった人もいました。

 災害はいつやってくるかわかりませんから、われわれも何かしらの備えは必要でしょうね。
でじょだーじょ
2009年01月20日 10:23
 まっちゃさん、こんにちは!

 ライフラインのストップは、非常に困りましたよね。鉄道は寸断されて麻痺状態だったし、移動は姫路以南になっていましたからね。

 どうにもならないっていうのは、本当に恐いことでした。
でじょだーじょ
2009年01月20日 10:27
 どら子さん、こんにちは!

 自衛隊を始め、そのほかボランティアの方々はすごく力になったと思います。あのとき、寸断された道を超えてまできてくださった方々には、本当に頭が下がる思いです。

 実家では、私にしばらく電話が通じなかったので、半分諦めていたそうです。情報も断たれると、やはりいろんな面で大変になります。
ベルパパ
2009年01月21日 04:09
地震は嫌ですね。
地震といわず、自然災害は全てですが。

私も、宮城県沖地震を 17歳のときに経験していますから、地震の猛威はよく実感しています。
でじょだーじょ
2009年01月21日 13:47
 ベルパパさん、こんにちは。

 自然の中で生きている以上は避けられない災害ですが、おっしゃるとおり嫌なものですね。

 宮城県沖地震を経験されたんですね。こういうことって、記憶に残ってしまいますよね。

この記事へのトラックバック