テーマ:本・読書

田中一村という画家

 まっちゃさんのブログで、以前拝見した記事にあった田中一村という名前。画集の表紙を見て、これは、と思って「田中一村作品集」と「日本のゴーギャン 田中一村伝」を購入しました。  まず、ひとしきり絵を見て、すごいな、という感想。久々に絵を見て感動しました。精細な筆致に大胆な構図。これは見るものを圧倒します。  そして、今度は田中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久々に読書

 大学時代の友人から、久しぶりにメールが来ました。それには、最近シェイクスピアにはまっていて、読みまくっているとのこと。ちなみに、私は読んだことはありません。  それに感化されたのもあり、久々に出てきた本を再度読んでいました。村上春樹の「風の歌を聴け」です。これはおそらく私が大学時代に買ったものです。同じ頃に、やはり村上春樹の「世…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

図書館へ

 ぶらりと図書館へ。そこで目にした、竹脇無我さんの「凄絶な生還、うつ病になってよかった」という本の中の一節に目が止まり、あ、おれ、見落としていた視点だ、というのがありました。  それは、「等身大の自分を生きる」ということ。客観的に自分の状態を知り、その通りの自分の生き方を見つける。そしてそのように生きる。そういうことかなあ、と思い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

さてさて外来へ

 きょうは、体調不良のなか外来へ。  やはり頭の重い感じと痛み、倦怠感(疲れやすさ)が増えつつあったので、当然ながら正直に伝えました。また、引っ越しが決まったこと、その理由、家族会議のことなどを話しました。  主治医は、「それは環境の変化があるから、そうなってしまうでしょうね」と。うーん、引っ越しですかあ、といったあと、しば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近の読書

 退院後のひと月で、だいたいこんな本を読んでいました。 「無理しない」葉祥明 日本標準 1200円+税 「受け容れる」古賀重四郎 ぜんにち出版 1000円+税 「うつ病記」はやしたけはる メディカルレビュー社 1000円+税 「うつと不安の認知療法練習帳」 デニス・グリーンバーガー他 創元社 1800円+税 「心霊探偵八雲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

少しばかりの読書

 気持ちが乗らないと書きましたが、相変わらず波がないというか、感情が平坦な(言葉が適当かわかりませんが)感じがしています。  さて、そんな中、なにか気分転換と思い、久々に詩集を読んだりしています。小説も読みますが、詩の方が好きでお粗末ながら自分で書いたりもします。以前作っていたサイトではその詩を掲示していました。また、気持ちが乗っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more