きょうも青い空が見たいから

アクセスカウンタ

zoom RSS 良くなったようで

<<   作成日時 : 2009/01/05 18:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

 なかなかよくならないのが病気の常。とはいえ、やはりそれは苦痛も伴います。

 私の親戚でも、脳の障害が残っている人がいるのですが、そのリハビリたるや、やはり苦労の連続でしかも長期にわたっていました。いまでこそ、物も掴めたり歩けるようになりましたが、そこまでには険しい道があったのです。

 私は、まだ一年も経っておらず、リハビリを始めてからやっと半年になろうかというところなのですが、それでも歩いている途中に気分が悪くなったり、よろけたりしていると「まだまだか」という思いに駆られることがあります。時々、思い出すかのように、こういう気分に陥ってしまいます。

 正月三が日にも調子を崩して、実は結構落ち込んでしまったことがありました。どうしてここまでしてもだめなのかと弱気になるときがあるのです。

 とはいえ、まだまだ半年。倒れてからしても9ヶ月。入院中に同病の人から言われた言葉が、今も脳裏に焼き付いています。それは「人生のうちのたった一年や二年を療養に費やしても、あとがもっといきいきしていれば何の問題もない時間だと思うよ。例えば明日死ぬかもしれないけど、仮に60年生きたとしても、二年なんてほんのわずかでしょ? そう思ってあきらめてゆっくりすることだと思うよ。」

 それを最近思い出しました。「あせったら負け」というのも、看護士さんに言われた言葉。でも、焦る気持ちはどこかにあります。「でじょだーじょさんは、ばか正直にやりすぎるんですよ。それはいいこともあるけど、でもほどほどにしないと元のもくあみですよ。」これも看護士さんのアドバイスです。ここまできてようやく「もういまさら焦るより、きちんと立て直すのが一番良い」という考えになりつつあります。

 主治医も「目標はいいけれど、そこに絶対に、というのはやめましょう」と言われています。生活も当然あるのですが、幸い雨風はしのげる実家にいることができています。せめてもの救いです。

 減薬してからというもの、この三週間は本当にきつかった週でした。あさってに外来なので、また主治医に相談することになりますが、少し無理をしていたのかもしれません。病気には負けたくないし、早く復帰もしたいという思いだけはあるものの、正直体はついてこない。これが私には一番苦しいことです。

 やはり、焦らず薬を飲んで、できる限りのリハビリをして、ほんの少しずつでも歩んでいくのが妥当なのでしょう。

 ブログとともに、今年からちゃんと自分の手で書く「いいことノート」も始めることにしました。いいことがあったら、些細なことでも書き留めるものです。悪いことは、なるべく書かない。そして、自分の状況を冷静に見てよい方向に進めていくためのものです。悪いことを考えたら、なぜそう思ったかを書いて、どうすればいいほうに持っていけるかも考えて書くのです。

 これで、何かいい方向に行ければ万々歳だなと思っています。

 きょうもここまで読んでくださって、ありがとうございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。はじめまして!
largeAと申します(^-^)

私は北九州出身ですので、福岡にもよく遊びに行ってました。


私の親戚に、ガンで手術した叔母がいますが、苦悩や苦痛は本人にしかわからないと聞いたことがあります。

頑張ってと声を掛けるとか話しを聞いてあげることしか出来ないけど、励ましになるとも聞きました。

気長になるとは思うのですが、一人じゃないことは確かです。

また寄らせて頂きますのでよろしくお願いします。
長文ですみません・・・
largeA
2009/01/05 18:48
でじょだーじょさん

こんばんは〜(^^)ニコニコ

やはり
減薬の後はきつかったようだすが…

ブログを通して見る限りでは明らかに以前とは

(`д´)違うだよ〜〜

今年も無理はせず
がんばらず参りましょう

そうなんだすよ
いい事を書いた方が
自分も人も気分いいよね
(^^)ニコニコ


  ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧ ∧サムイゼヨッ
  (д´=)
   ┳⊂ )
  [どら凵ノ⊃ キコキコキコ
  ◎∪□◎ =



どら子
2009/01/05 18:50
こんにちは。

減薬は大変ですよね…。

私も何度か体験しているのでわかります…。

それでも、長い人生1年〜2年はゆったりと景色を眺めるのも見たことがないものが見えて良いかもしれませんね。

いいことのみを書き留めるノート、良いですね!

私のブログもいずれは小さな感動をいっぱい書き留めたいと考えているんですよ。

いずれ子どもにも伝えられるように…。

長々となりました、少しずつ頑張ってくださいね!

応援しています!
まっちゃ
2009/01/05 20:12
初めまして!
今日は私のブログに訪問&コメントありがとうございましたm(_ _)m

私の友人も潰瘍性大腸炎で、他の病気もあり、病気と薬の副作用との闘いの毎日のようです。
難病指定の難しい病気ですもんね〜。

友人も頑張り過ぎないようにしながら、頑張っています。

どうかお体を大事になさってくださいね!
楽しいことを見つけながら…
なずき
2009/01/05 20:39
こんばんは。
病気というのは本当に思ったとおりにいかないものですね。それにあわせてどんどんマイナス思考にもなってしまいますし・・・・

ある程度いい加減に、適当にやっていくのも身体のためには必要なのかな、と病気になってから思うようになりました。自分ではそうは思っていなくても、僕は周りからは真面目で堅い人間と思われているようですし、でじょだーじょさんもブログを拝見する限り、そんなタイプの方ではないかと感じました。

そんな僕ら(勝手に「僕ら」にしてすみません)には意図的にのんびりするくらいがちょうどいいのかもしれませんね。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。
ダイシケ
2009/01/05 20:47
こんばんは!

体調や心の不安がある時に、頑張れ!って
言われる事ほど、きつい事はない様な気がします。。
無理しないで行こうと、思えば思うほど
不思議なもので焦りの方が、勝っちゃったり
するんですよね〜。

何か、やりたい事があってもなかなか、その時に出来ない事って多いじゃない?
だから、逆に思いついたりやりたい時は、他の事をちょと後回しにしてでも、そっちを先にやっちゃいます(笑)

やりたい時に、やったておいた方が
これからしようと思ってた事も、楽しめるんじゃないかって。。
そしたらラッキー

こんな私でも、意外と打たれ弱いんですよ(笑)
ホントだよぉ〜
だから、何かをしたくなるのを待つのも
いいと思うけどなぁ〜^^d
nao.nao
2009/01/05 22:22
こんばんわ^^
私のブログにも来て頂きコメントもありがとうございました(__)ペコリ

●●の病気、と言ってもどうかしたら人それぞれ症状が違うかもしれないし
感じてる度合いも違うかもしれない。
そして他の人には辛さは中々伝わらないのが現状だと思います。
病気の人につい「頑張って」と声をかけてしまいますがnao.naoさんが言ってるようにその人にとっては苦痛に感じるかもしれません。
ブログでは文章と言う事もありかける言葉も難しいのですが、でじょだーじょさんの事応援しています。
何だか文章もまとまらずこんな事しかコメントできず
おまけに長文ですみません^^;
しっぽ
2009/01/06 00:34
おはようございます。

昨日は、わざわざお越し下さいまして、ありがとうございます。

これから宜しくお願い申し上げます。



私は常々、健康だけが取り柄みたいな人間ですので、リハビリの大変さについて、軽々しくコメント出来る身分ではありませんが…。

物事は大抵、良い方向に進んでいくもの…と思い込んでいます。

何事も、ゆっくり、ゆっくり一歩一歩が大事ではないかと。

それにしても、素晴らしい気の強さですよね。

尊敬してしまいます。

t.k
2009/01/06 08:04
昨日は訪問&コメントありがとうございました。

リハビリはきついですよね。私も以前部活で怪我をして病院に通ったことがありますが、そこで様々な人を見ました。

減薬は慣れないとつらいとは思いますが、慣れたら少し楽になるはずです。ゆっくり焦らず行きましょう。
ミスト
2009/01/06 08:13
 largeAさん、はじめまして、でじょだーじょといいます。ようこそお越し下さいました!

 北九州のご出身なんですね。私も一緒です。

>気長になるとは思うのですが、一人じゃないことは確かです。

 ありがとうございます。確かに、いろんな方々に支えていただいています。本当にありがたいことです。

 コメントありがとうございます! ぜひまたお寄りくださいね。
でじょだーじょ
2009/01/06 12:30
 どら子さん、こんにちは!

>ブログを通して見る限りでは明らかに以前とは
(`д´)違うだよ〜〜

 そういっていただけると自信になります。少しずつでも、良くなっているというのはうれしい言葉です!

 いつもありがとうございます!!
でじょだーじょ
2009/01/06 12:32
 まっちゃさん、こんにちは!

 減薬、きついですね。やはりここからがまた勝負というところでしょう。

>いずれ子どもにも伝えられるように…。

 そうですね、私も、何らか伝わるものがあれば良いなとは思います。子供は、やはり私を見て成長すると思いますから。

 いつもありがとうございます!
でじょだーじょ
2009/01/06 12:34
 なずきさん、はじめまして。ようこそお越し下さいました!

 お友達が潰瘍性大腸炎とのこと、大変だと思います。私も最初に難病で治らないと告げられたときは、さすがにへこみましたが、今は辛いことは辛いですが、病気とお付き合いをうまくしていけたらなと思っています。これも難しいですけどね(^^;

 楽しいことを見つけながら。本当にその通りだなと思います。

 コメントありがとうございました! またお寄りくださいね。
でじょだーじょ
2009/01/06 12:37
 ダイシケさん、こんにちは! その後体調はいかがでしょうか?

>自分ではそうは思っていなくても、僕は周りからは真面目で堅い人間と思われているようです

 まさに私にも当てはまります。よく言われていました。いい加減のつもりでも「すごくまじめだね」と。

 僕らはやはりもっと適当になることがいい道なのだと思います。(僕らで大丈夫ですよ(^^))

 こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
でじょだーじょ
2009/01/06 12:40
 nao.naoさん、こんにちは!

>何か、やりたい事があってもなかなか、その時に出来ない事って多いじゃない?

 その通りですね。私もそれでイライラしたりするほうでして…。

>だから、何かをしたくなるのを待つのもいいと思うけどなぁ〜^^d

 いやほんと、そこは我慢が足らないとこかなと思ったりします。自分の状態をもっと把握して、こらえるところはこらえるって、大事なことだなと感じます。

 ありがとうございます!
でじょだーじょ
2009/01/06 12:43
 しっぽさん、こんにちは!

 病気のことって伝わらないのは仕方がないと思います。でも、何か伝わらないかな〜、と思ってこのブログを書いています。

 本当、愚痴だらけなんですよね。でも、それで同病者とか、もしくはそれに近い人に何か伝わったり、もしくはコメントがもらえるかもしれないな、と。

 健常者でも、少し見方が変わったり。そういうことがちょっとでもいいから、何かにならないかなと思っています。

 コメント、ありがとうございます!
でじょだーじょ
2009/01/06 12:47
 t.kさん、はじめまして! ようこそお越し下さいました。こちらこそ、よろしくお願いします!

 健康が取り柄って素晴らしいことですよ! ぜひお体大切になさってくださいね。

 私は、決して強いほうじゃないと思います。こうして、落ち込むことも多々ありますしね。尊敬なんて、買いかぶり過ぎです。

 でも、おっしゃるように、地道に一歩一歩が大切なんでしょうね。これ、忘れがちになるんで、私も気をつけているところです。

 コメントありがとうございます! またお寄りくださいね。
でじょだーじょ
2009/01/06 12:51
 ミストさん、こんにちは! ようこそお越し下さいました。

>減薬は慣れないとつらいとは思いますが、慣れたら少し楽になるはずです。

 私もそう信じています。なるべく、増薬にはなりたくない、慣れてどうにかなるものなら、このままいきたいなと。まあ、あまりにも無理なら避けますけど(^^;

 焦らず取り組むこと、自分には難しいのですが、それを体にしみ込ませたいなと思っています。

 コメントありがとうございました! またお寄りくださいね。
でじょだーじょ
2009/01/06 12:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
良くなったようで きょうも青い空が見たいから/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる