きょうも青い空が見たいから

アクセスカウンタ

zoom RSS 詩をいくつか

<<   作成日時 : 2011/04/03 21:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

 「一日一詩」より、いくつかを。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「はるのうた」

トントン
ノックをしてから
おそるおそる
戸を開く

簡単には開かないけれど
ちょっとずつ
逆さに穴を掘るようにして
春の風を目当てに

こんにちは
ようやく出てきたかい
うん、待ち遠しかったよ
わたしもだよ

そこでは
花びらが舞っていた
頬をくすぐるぬくもりが
あらゆる命を歓び迎える

何の壁もなく
そこにはただ
温柔な世界が
広がる

安堵して
花開き
命が芽吹く
短き季節

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「みる」

みてる?
みてるよ。

まなざしが
ぼくに

まなざしを
きみに

見るということ
見つめるということ

きみがそこにいて
ぼくはきみにふれる

ふれあうと
心の目も開く

あなたをみるということ
全部ひっくるめてみるということ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「甘えられない大人」

強いな
大人って
すごいなって
思ってた

息子よ
大人は
甘えてはいけないと
すり込まれているに
すぎないのだ
強がって
すごいと
思わせようと
懸命なのだ

父さん
そう見せようとしているって
ただの強がりだっていうけど
それが
すごいんだと
僕は思うよ
それが
ありのままだってこと
僕には
そう思えるよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「てのひら」

きみのてのひらには、なにがある?

ぼくのてのひらには、なにがあるだろう?

かれのてのひらには、ほかのひとにはないぬくもりがある。

かのじょのてのひらには、だれにもまけないやさしさがある。

おとうさんのてのひらには、ながねんのくろうのあしあとがある。

おかあさんのてのひらには、うみのくるしみをしるしわがきざみこまれている。

おじいちゃんのてのひらは、つんつるてんだ。

おばあちゃんのてのひらは、しんじられないくらいやわらかい。

せんせいのてのひらには、ちょーくのせっかいがしみこんでいる。

みちゆくあのひとのてのひらにも、

しらないふりをしているあのひとのてのひらにも、

えきででんしゃをまっているひとのてのひらにも、

かならずなにかがあるんだとおもった。

しらないだけで、てのひらには、そのひとだけの、あじがあるんだ。

なめてもわからないあじがあるんだ。

きっと、きっと、そうなんだ。

ぼくのてのひらは、なにあじなんだろう?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「本」

本を読むこと

自分の考えが
まだはっきりしないとき
他人の書いた文章に
感覚を研ぎすませること

その文章に触れ
きらりと光る一文を見いだすと
そこに自分の考えが重なり
ひらめきとともに自分のものとなること

文章を書くこと

もやもやした思いが
自分の脳で暴れているとき
その力を発散するべく
紙に筆をなぞらせること

一文字一文字が言葉となり
そこに文章が生まれ
いきいきと言葉の欠片が踊りだすと
そこに自分の命が吹き込まれること

その紙が増えれば
それがあなたの本になること

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
いつものことですが、本当に言葉を紡ぐのが素晴らしいですね。心にゆっくり染みてきます。優しい、本当に優しい温かい言葉が。
春が芽吹く季節に素晴らしい詩ですね。
ぶりゅん
2011/04/04 00:44
大変ご無沙汰してます!
何故なのでしょうね。
詩は、本当に落ち着きます。。。
最後の「本」は、今の自分の気持ちそのものの様な気がします!!
油香
2011/04/04 04:44
>大人は甘えてはいけないんだ
そっか、そうなんだ。強がっていかなきゃいけないんだ。弱きものを助けるために。
でも時には仮面を外してホッとしたいですね。大人だって弱いんだぞ。そう言ってもいいんです。

暖かい詩ばかりで、心がほっこりしました。ありがとうございました。
みっちょん
2011/04/08 14:17
 ぶりゅんさん、こんばんは!

 いつも読んでいただいて、コメントもありがとうございます。

 拙いながらも、続けていけたらと思っています。
でじょだーじょ
2011/04/08 23:47
 油香さん、こんばんは!

 ご訪問ありがとうございます!

 また、コメントもありがとうございます。何か感じていただけたならうれしいです。
でじょだーじょ
2011/04/08 23:49
 みっちょんさん、こんばんは!

 大人は甘えてはいけないというのは、私が以前抱いていた感情でした。

 みっちょんさんのおっしゃるように、大人も弱いんだぞ、甘えたいんだぞ、ただの強がりなんだぞ、ということを書きたいと思ってつくった詩です。

 ほっとする時間、本当に大人にも子供にも大事だと思います。
でじょだーじょ
2011/04/08 23:51
いつも良い詞ですね。

いつも、共感してます。
どうしたら、そんな素晴らしい文章が浮かんで来るんですか??
パオ
2011/04/10 21:22
 パオさん、こんにちは!

 拙作をいつも読んでいただいて感謝です。

 書きたいこと、思いをぶつけながら毎日書いてます。似たり寄ったりのものもたくさんできますが、未完成でいいのだという気持ちで公開しています。詩は、未完成なものなのかもしれないと感じつつ、もっとうまく書けるようになりたいとも常々思っています。
でじょだーじょ
2011/04/15 12:21
素敵な詩ですね^^
みるということ。
本当にそう思います、じっくり相手を見る事
って相手も心を開いてくれるのですよね
シーン
2011/04/20 22:27
 シーンさん、こんにちは!

 そうですよね、見るといっても、いろんな意味があるし、いろんな力を持っているのだと思います。
でじょだーじょ
2011/05/04 17:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
詩をいくつか きょうも青い空が見たいから/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる